ブログ

ブログ始めました

時の経つのは早いもので、今年もあと2ヶ月余りとなってしまいました。
一日一生という言葉がありますが、一日が一生と思えるように日々を大切にしてゆきたいと思います。

2015年10月01日

カウンセリングについて

カウンセリングをしていて常に思うことは、時間の不思議さです。
昨日出会ったクライエントが今日は全く違うカラーを出し、まるで違う人になったように感じてしまうことがあることです。
確かに行動の変容というのはあるのであって、それは当たり前のことなのだが、その変容の原因がよく分からないことがあるのです。
そこがカウンセリングの難しさであり、深いところでもあります。

2015年10月20日

文化の日

 毎年文化の日は晴れが多いが、今年も晴天だった。あちらこちらで文化行事が行われていた。
 豊橋には3つの大学があるが、この日は愛知大学の学園祭が開かれていた。ずいぶんと昔に訪れたことがあったが、久しぶりに覗いてみると、中学生や高校生の学校単位の参加もあってずいぶんと賑やかであった。
 私は音楽が好きでジャズもよく聴くので、ジャズ館に行ってみた。プラグラムをもらってみると、計34グループがエントリーしていた。朝の9時半から夕方5時半まで30分毎にグループが変わり、4,5曲の演奏をしていた。
 グループの多さにも驚いたが、5グループほど聞いていて、皆平均以上のレベルを維持していてそれにも驚いた。結成して1年とか2年とかが多くて、いわゆるアマチュアなので、ミスタッチが頻繁に出るかと思いきや、ほとんどミスタッチがなかった。
 しかし、さすがにソロとアドリブ(インプロヴィゼーション)の豊かさはプロにはかなわなかった。岡崎で毎年行われているジャズストリートに出てくるプロの演奏は、やはり凄かった。楽器毎のインプロヴィゼーションが粒立っており、次第に興奮してくる。
 それでもアマチュアにはアマチュアの良さがあった。なによりも利益が絡んでいないので音が新鮮であった。直線的ではあったがピュアな音を楽しめた。そして、青春を感じることができた。大学4年のサックス奏者が「今年で最後の演奏です」と言ったときの音は、青春の光と甘美な情緒を投げかけていた。

2016年11月03日

晩秋

 一年の中で秋という季節が一番好きである。春に花が咲き、夏に太陽が輝き、秋に実りが収穫される。そして冬はじっと春への準備。秋の収穫というのは外面的なことだけでなく内的な深まりでもある。私はこの内的な深まりを思うとき人生の意味が感じられると思うのである。
 人生に意味などないと思う方もいるが、人生には深い意味があると思う。そしてその意味が感じられると人生が輝いてくる。モノクロの世界からカラーの世界への変化する。
 それは年寄りのノスタルジーだよとおっしゃる方もいると思うが、私は違うと思う。形だけの世界にはその形を支えている見えない世界の広がりと深まりが感じられない。肉体が老いてくると逆に違う体を感じてくるものなのだ。それを精神とか霊性とか読んでもいいが私は魂の感覚と呼びたい。このことについてはまた次に深く掘り下げてみたい。

2016年11月23日

 春は花夏ホトトギス秋は月冬雪降りて涼しかりけり。という道元の歌があるが、春はやはり桜になる。
 本日妻と豊橋公園、岩田公園と桜見物に行ってきた。満開であった。例年より2,3日ほど遅い。風が強くて既に舞い始めていた。

 豊橋公園は城と見事にマッチしていて歴史が織りなす景観に感慨深く見入っていた。
 豊橋職員の方らしい人が私たち夫婦の写真を撮ってくれた。粋なはからいである。
 早速家に帰って写真用紙に印刷をした。確かにソメイヨシノの輝きが目立ち、私たち夫婦の年輪もさほど目立たず不思議な時の流れの中の一コマを見ることができた。
 毎年桜を撮しているが今年の桜は特にきれいだった。
 老いて花が咲くという象徴を人生に重ねてみたくて自分の人生をそっと振り返ってみた。
 うん確かに小さな花ではあるがそっと芽吹き白い花弁を広げているように思えた。

2017年04月11日