カウンセリング内容

相談内容
 基本的に人生における試練に対する対処の仕方についてクライエントと共に考えてゆきたいと思います。その中でクライエントが人生に意味を見いだし、希望をもち、明日に向かって歩み始めるところがゴールだという認識に立ってゆきたいと思います。
 人が生きることは人生を作り上げてゆくことだと思います。それは、生活をしてゆくことですが、生活レベルだけの問題は普通の人生相談、あるいは法律相談、健康相談、医療相談と各専門分野のエキスパートがいます。その方々と相談されればいいかと思います。もちろんそれが望みとあればそれもよいかと思います。
 理想として、ここ(当ルーム)で取り上げる問題はそれら(生活レベルの問題)が各論だとすれば、総論である人生とは、そもそも何のことか、一体何故に生きているのか、何をなしていきたいのかという問いかけを主体とした意味論にまでたどり着ければベストかなと思っております。
 つまり、「虚」の人生から「実」の人生をを作り上げてゆき、それが自然とその方の人生を元気にして社会生活も充実してきて、自立してゆけるからだと思います。

人間関係
 おそらくあらゆる問題の根底にこの人間関係の問題が根強く存在すると思われます。このカウンセリングルームにおいては、もちろんそれを基本とした解決法を探ってゆきますが、実は人間関係もその奥に潜む膨大な土壌によって支えられています。この大地が耕されているか荒れ放題なのか、雑草が蔓延っているのか、刈られているのか、あるいは大地への滋養がよく循環供給されているのか枯れ果てているのかで大きく変わってきます。
 つまり、人間関係というものをつくり出しているその本質に迫っていく必要があるのです。その核心の部分を捉え、新たに耕し、栄養素を蒔き、種を蒔き、日々、水と太陽の光を供給し続ければ自ずと自然の原理と共振し、内から健全なる思考、想念がわき上がり、人間関係も改善されてゆくのです。
 このことを踏まえて、クライエントがおかれている問題にアプローチしてゆきたいと思います。

親子関係
 次世代へと受け継がれてゆく肉体の遺伝子と心の遺伝子。これは絆の問題でもありますが、伝承ということにおいて教育の問題でもあります。
 現代は教育ということにおいて学校の教育が基本とされていますが、実は一番基本となる家庭での親子の間の教育のあり方があまり重視されておりません。ですから親子問題の本質はほとんどが親の心のあり方に根ざすといっても過言ではありません。
 いじめの問題にしても学校側の問題とか、いじめる側の問題がやり玉にあげられますが、親の問題として取り上げられることはあまりありません。しかし、それでいいのでしょうか。それらのことについて考えていきたいと思っております。

夫婦関係
 夫婦というものの不思議さは結婚して時が経つほどに感じることがあります。なぜこの伴侶と一緒になったのか、なぜ他の人とではなかったのか。毎朝目を覚ますごとに二人の存在の意味の不思議さに深い神秘と喜びを感じております。
 しかし、現代の夫婦問題は絆においても夫婦であることの意味においても大変希薄になっております。
 好き合って一緒になった。一目見て「この人だ!」と直感して結婚した。ルックスに惹かれて結婚した。生活を考えて、経済力があるから、老後を考えて、不安だから・・・等々。
 しかし、結婚はゴールではなく、出発なのです。なんのために夫婦になるのか、この人とこの方向で共に生かし合って歩んでゆきたいという視点があまりにも希薄だと思います。どんなに好き合って結婚しても、いつも一緒にいるだけでは、やがて飽きてきてしまうのは必然なのです。
 夫婦問題を抱えている方へ、・・・。当ルームは一番確かで確実な夫婦のあり方への道行きを示唆させていただきます。